賃貸物件を借りる際の賃貸保証会社とは?の画像

賃貸物件を借りる際の賃貸保証会社とは?

ブログ

賃貸物件を借りる際には、「賃貸保証会社」を利用するケースがほとんどです。しかし、具体的にはどのような役割を果たしているのでしょうか?本記事では、賃貸保証会社の概要や審査内容、必要書類、そして万が一審査に落ちてしまった場合の対処法についてご紹介します。


賃貸保証会社の概要
主に、家賃の滞納などが起きた場合に、賃貸保証会社がオーナー様へ家賃を立て替えて支払うことを保証する会社のことで、家賃保証会社や保証会社とも呼ばれています。

①賃貸保証会社の審査内容

賃貸保証会社の審査では、主に2つの要素を見極めることが重要とされています。まず第一に、借主の信用力や収入の安定性を評価します。これは、過去の支払い履歴や職歴、年収などの情報を基に判断されます。また、過去の滞納や違法行為の有無も影響を及ぼす場合があります。
保証会社の中には、個人信用情報機関と繋がっているケースもあり、クレジットカードの支払い状況や携帯電話の割賦販売の利用状況などの確認をする保証会社もあります。ただし、一概に過去に滞納履歴があったからといって審査を落とすわけではなく、その他の情報を複合的に判断して救おうとするケースもあるようです。

②審査時の必要書類について

審査時には、いくつかの必要書類が求められます。一般的には、本人確認が目的とされる身分証明書が必ず必要となります。免許証や健康保険証、外国籍の場合には在留カードなどがあげられます。その他、法人契約の場合には会社謄本や決算書なども求められるケースもあります。
また、個人契約の場合では、収入証明書なども必要となるケースがあります。保証会社は借主が毎月の家賃を支払う能力を持っていることを求めていますので、賃料と収入のバランスが取れていない場合や、無職などで安定的な収入が無い場合には、十分な預貯金などの証明を求められる場合もあります。
いずれも審査を通す保証会社によって異なりますので、事前に確認することをおすすめいたします。

③審査に落ちてしまうポイント

一般的には、収入の安定性が不十分な場合が挙げられます。
また、過去の滞納や債務整理の経験がある場合にも審査に落ちる可能性があります。支払い履歴は重要な要素となるため、滞納を避けることが必要です。

④万が一審査に落ちてしまった場合には

万が一、賃貸保証会社の審査に落ちてしまった場合、焦らずに対処することが重要です。まずは、自身の収入や信用情報を再確認し、改善するための取り組みを行いましょう。
また、保証人を用意することも一つの選択肢です。保証人がいる場合は、その人の信用情報や収入証明書を提出することで審査に通ることができる可能性が高くなります。
さらに、別の賃貸保証会社を選ぶことも考慮してください。異なる保証会社によって審査基準や対象物件が異なる場合がありますので、複数の会社に相談することでより適した保証会社を見つけることができるかもしれません。

最後に 
賃貸物件を借りる際の賃貸保証会社は、借主にとって非常に重要な存在です。審査内容や必要書類、審査に落ちてしまった場合の対処法をしっかりと理解しておくことで、スムーズな入居手続きができるでしょう。お部屋探しの際には、ぜひこの記事を参考にしてください。

レジスタでは、外国人技能実習生賃貸ナビを通じて、お部屋探しのご相談を幅広く承っております。ぜひお部屋探しのご相談をお待ちしております。

”ブログ”おすすめ記事

  • 賃貸物件の騒音トラブルについて - 注意すべき点と対策方法の画像

    賃貸物件の騒音トラブルについて - 注意すべき点と対策方法

    ブログ

  • プロが教える引越し時期のタイミングとは?の画像

    プロが教える引越し時期のタイミングとは?

    ブログ

  • 賃貸物件の退去時敷金精算についての画像

    賃貸物件の退去時敷金精算について

    ブログ

  • 退去時に請求されるクリーニング費用の相場の画像

    退去時に請求されるクリーニング費用の相場

    ブログ

  • 企業様のオフィス移転もサポートしますの画像

    企業様のオフィス移転もサポートします

    ブログ

  • 外国人とのコミュニケーションで大切なことの画像

    外国人とのコミュニケーションで大切なこと

    ブログ

もっと見る