レジスタ合同会社 >レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧

レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧

 HOT ENTRY

外国人を雇うと雇用保険はどうする?手続き方法は例外とは?の画像


特定技能外国人制度について

外国人を雇うと雇用保険はどうする?手続き方法は例外とは?
労働者を雇うとき、週20時間以上の労働時間があれば雇用保険への加入義務があります。   これは外国人を雇う場合も、日本人と同等の基準です。   そこで外国人が入社した際、雇用保険はどうするのか手続きの流れについて解説します。   外国人の雇用保険はどうする?手続きの流れや必要な書類     雇用保険の加入条件は、日本人も外国人も同様です。   さらにアルバイトやパートでも、1週間の所定労働時間が20時間を超え、31日以上の継続勤務が見込まれる場合は加入が義務付けられています。   そして加入するためには、「雇用保険被保険者資...

2020-06-23

在留資格の企業内転勤を申請取得するための概要とは?の画像


特定技能外国人制度について

在留資格の企業内転勤を申請取得するための概要とは?
外国人が日本で働くためには、在留資格(就労ビザ)が求められます。   就労ビザは職務内容によって種別が異なり、外国企業の従業員が日本の本支店へ転勤する場合は「企業内転勤」の資格が必要です。   そんな国外から日本へ転勤する際に必要な、企業内転勤の概要や申請までの流れを確認していきましょう。   日本の企業へ転勤できる在留資格の企業内転勤の概要とは   企業内転勤とは、同一企業内から日本の本支店へ転勤する際に必要な在留資格です。   たとえば、マーケティングやエンジニア、通訳といった業務を担当する人材がこれに該当します。 &...

2020-06-16

中小企業が特定技能外国人を雇用するときのポイントとは?の画像


中小企業が特定技能外国人を雇用するときのポイントとは?
少子化による労働人口の減少にともない、人手不足解消のため外国人の活躍が期待され始め久しくなりました。なかでも即戦力として、特定技能外国人の雇用を検討する中小企業は増えています。そこで中小企業が特定技能外国人を雇用するときの、注意したいポイントを確認していきましょう。中小企業が特定技能外国人を雇用するのは難しい特定技能外国人とは在留資格「特定技能」を有する、就労を目的とした人材です。2019年4月より受け入れがスタートし、人手不足を補う新たな労働力として注目を集めています。しかし雇用にあたって中小企業は、3カ月ごとに入国管理局へ就労状況などを報告しなければなりません。また外国人スタッフに対しては...

2020-06-08

トップへ戻る