レジスタ合同会社 >レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧

レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧

 HOT ENTRY

外国人が入国する際に必要となる入国前結核スクリーニングとは?の画像


インフォメーション

外国人が入国する際に必要となる入国前結核スクリーニングとは?
日本では年間1万5千人が新たに結核を発症し、およそ2千人が死亡しています。 また来日した外国人の患者数も増加傾向にあることを受けて、一部の入国者に対してスクリーニング検査を導入することになりました。 そこで入国前結核スクリーニングとはどのような検査なのか、対象者や検査の流れを解説します。 弊社へのお問い合わせはこちら外国人の入国前結核スクリーニングとは:検査の対象者 日本において外国人の結核発症者は、年々増加しています。 それを受けて一部の中長期滞在希望者に対して、入国前結核スクリーニングが導入されました。 対象国の国籍を有し、中長期在留者(ただし再入国許可者はのぞく)として入国・在留す...

2020-09-15

外国人労働者の日本語教育とは?施策とポイントを解説の画像


インフォメーション

外国人労働者の日本語教育とは?施策とポイントを解説
少子化の影響と高齢社会がますます進む日本で、外国人労働者の雇用は進んでいくといわれています。 今回は、外国人労働者を雇っている、雇おうと予定している人向けに、日本語教育についての現状や政府の施策やポイントについてご紹介します。 弊社へのお問い合わせはこちら外国人労働者の日本語教育への施策とは? 外国人労働者を雇う場合、日本語でのコミュニケーションが取れることによる生産性の向上は明らかです。 世界中から日本へ仕事を求めてやってくる外国人に対して、雇用主はどのような施策が必要でしょうか。 日本で働きたいと日本語を勉強してから来日する外国人も多くいますが、そうではない人も多くいます。 深刻な人...

2020-09-08

コロナ禍における外国人労働者の在留資格に関する影響は?の画像


インフォメーション

コロナ禍における外国人労働者の在留資格に関する影響は?
コロナ禍の影響で、外国人労働者を採用している企業の担当者はイレギュラーな対応を迫られています。 この記事では、コロナ禍における外国人労働者の在留資格に対する特例措置をご紹介します。 日本に在留している人と、これから日本に入国予定の人に分けてご紹介しますので、ケースごとに参照してください。 なお、特例措置は「本国への帰還が困難な外国人」に限ります。 今後のコロナウイルス収束状況によって、特例措置の期間や内容が変更されることもありますので、最新情報は法務省のホームページなどで合わせて確認してください。 弊社へのお問い合わせはこちらコロナ禍における外国人の在留資格について:すでに在留している外...

2020-09-01

トップへ戻る