レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 外国人とのコミュニケーションで大切なこと

外国人とのコミュニケーションで大切なこと

≪ 前へ|育成就労 衆議院本会議可決   記事一覧   企業様のオフィス移転もサポートします|次へ ≫
カテゴリ:ブログ
外国人労働者の受け入れ企業様にとって就労者とのコミュニケーションはとても大切なことです。今後の労働意欲にも大いに繋がってくることだけに、いかにコミュニケーションをしっかり取るのかが重要かと思いますので、今回はポイントお伝えいたします。

外国人とコミュニケーションを取るコツとは
1.  あいまいな表現を避ける: 内容が相手に明確に伝わるように表現しなければなりません。自分の意見を曖昧に伝えてしまうと誤解されることがあるので、はっきり明確に伝えましょう。
2.  分かりやすいコミュニケーションを心掛ける: 言葉遣いや発言・発音に気をつけ、相手が理解しやすように配慮することが必要です。
3.  非言語コミュニケーションを取り入れる: 言葉だけでなく、ジェスチャーや表情などの非言語コミュニケーションも大切にすることで、相手との信頼関係を築くことができます。
4.  母国の価値観を理解する: 相手の国の文化や習慣を尊重し、異なる価値観を理解することが円滑なコミュニケーションのために重要です。
いっしょに仕事をするうえでのポイント
1. 間違いを恐れない:間違っても良いからとにかく自分から話すことが大事です。間違うことは当然あります。積極的に話していかなければ、自分の間違いに気づくことなく、学ぶことがありません。恥ずかしがらずに自分の言葉で話して、相手に伝わることで、話すことが楽しいと思えることが大事です。
2.  重大な間違いだけ指摘する: 相手のミスや誤解があった際には、大きな問題や重要な点に絞って指摘することで、効果的なフィードバックを行うことができます。
3.  積極的に日本語を使う: 相手が日本語を話せなくても、積極的に日本語でコミュニケーションを取ることで、相手も学びやすくなるでしょう。
4.  間違いに寛容な空気を作る: 誤解やミスがあっても、柔軟に受け入れる姿勢を示すことで、相手にストレスを与えずに協力関係を築くことができます。
5.  文章に残るコミュニケーションをする: 重要な情報や指示はメールや文章で残すことで、相手がいつでも確認できるようにすることが望ましいです。

仕事を覚えてもらうには、焦らずじっくりと教えることが重要です。もし自分が異国の地で、言葉もわからず、仕事を覚えなければならない状況を想像してみると良いかもしれません。
外国人に限らずコミュニケーションにおいて大切なのは、相手を尊重し、理解しようとする姿勢です。相手が外国人であれば、言語や文化の違いを楽しむことで、新たな視点やアイデアが生まれるかもしれません。そのため、対話を大事にし、お互いに学び合う姿勢を持つことが重要です。

レジスタでは、外国人技能実習生賃貸ナビを通じて、外国人の住まい探しを応援しております。
住まい探しのご相談、心よりお待ち申し上げております。


≪ 前へ|育成就労 衆議院本会議可決   記事一覧   企業様のオフィス移転もサポートします|次へ ≫

 おすすめ物件


MAISON FLEUR

MAISON FLEURの画像

賃料
3.5万円
種別
アパート
住所
東京都国分寺市日吉町2丁目2-27
交通
国立駅
徒歩9分

グレイスハイム国分寺

グレイスハイム国分寺の画像

賃料
3.3万円
種別
アパート
住所
東京都国分寺市東恋ヶ窪3丁目34-11
交通
恋ヶ窪駅
徒歩11分

白井ロジュマン

白井ロジュマンの画像

賃料
10万円
種別
マンション
住所
千葉県白井市冨士151-2
交通
鎌ヶ谷大仏駅
バス2分 白井ロジュマン前 停歩1分

グッドウィル三枚町B棟

グッドウィル三枚町B棟の画像

賃料
4.7万円
種別
アパート
住所
神奈川県横浜市神奈川区三枚町135番地46
交通
片倉町駅
徒歩13分

トップへ戻る