レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 自宅空き家を賃貸に出す方法とメリットデメリットとは?

自宅空き家を賃貸に出す方法とメリットデメリットとは?

≪ 前へ|効率的な部屋探し   記事一覧   2024年新年のご挨拶|次へ ≫
カテゴリ:ブログ
自宅を所有している方にとって、空き家は資産の無駄遣いになってしまうことがあります。しかし、最近では自宅の空き家を賃貸に出すことで収益を得るという選択肢も増えてきました。この記事では、自宅空き家を賃貸に出す方法とそのメリット・デメリットについてご紹介します。

自宅空き家を賃貸に出す方法とは

自宅を賃貸に出す方法はいくつかありますが、一般的な方法は以下の通りです。

1.直接個人に貸す
2.不動産会社に委託する

まず、直接個人に貸す方法は、自分で探した入居者と契約を結ぶ方法です。入居者を自分で選びたい方や、管理・契約手続きを自分ですることに抵抗のない方に適しています。

次に、不動産会社に委託する方法は、不動産会社に空き家の管理や入居者の募集を任せる方法です。不動産会社の専門知識やネットワークを活用することで、より多くの入居者を見つけることができるでしょう。
自宅を賃貸に出すメリット

自宅を賃貸に出すことには以下のようなメリットがあります。

1.収益の確保:賃料収入を得ることができるため、経済的な負担を軽減することができます。

2.空き家の管理:定期的な清掃やメンテナンスを行うことで、空き家が劣化することを防ぐことができます。

3.資産価値の維持:賃貸に出していることで、自宅の資産価値を維持することができます。

4.税金の節税:空き家を賃貸に出している場合、所得税や固定資産税の節税効果が期待できます。


一方、自宅を賃貸に出すことには以下のようなデメリットもあります。

1.入居者トラブル:入居者とのトラブルが発生する可能性があります。契約やトラブルの解決に時間やエネルギーを費やす必要があります。

2.家屋の劣化:入居者による家屋の劣化や破損が起こる可能性があります。メンテナンスや修繕に費用がかかることも考慮しておく必要があります。

3.管理の負担:入居者の管理や契約手続きなど、自宅を賃貸に出すことには一定の管理負担が伴います。

4.急な自宅利用の必要性:自宅を賃貸に出している場合、急に自宅を利用する必要が生じた場合には退去するための手続きや契約解除が必要であり、制約を受けることがあります。

まとめ

自宅の空き家を賃貸に出す方法とそのメリット・デメリットをご紹介しました。自宅を賃貸に出すことで収益を得ることができる一方、入居者トラブルや家屋の劣化などのデメリットも存在します。自宅を賃貸に出すかどうかの最終的な判断は、自身の状況や将来の計画を考慮した上で行うことが重要です。ご自身の利益を最大化するために、慎重な検討をおすすめします。

レジスタでは、空き家を賃貸として貸しに出したいとお考えのオーナー様をサポートしております。
一般的な入居者募集から、条件によっては法人契約での社宅や寮としての需要も見込めます。
弊社では、賃貸仲介から賃貸管理、その後の売買まで幅広くサポートできますので、まずはご相談お待ちしております!

≪ 前へ|効率的な部屋探し   記事一覧   2024年新年のご挨拶|次へ ≫

 おすすめ物件


MAISON FLEUR

MAISON FLEURの画像

賃料
3.5万円
種別
アパート
住所
東京都国分寺市日吉町2丁目2-27
交通
国立駅
徒歩9分

グレイスハイム国分寺

グレイスハイム国分寺の画像

賃料
3.3万円
種別
アパート
住所
東京都国分寺市東恋ヶ窪3丁目34-11
交通
恋ヶ窪駅
徒歩11分

白井ロジュマン

白井ロジュマンの画像

賃料
10万円
種別
マンション
住所
千葉県白井市冨士151-2
交通
鎌ヶ谷大仏駅
バス2分 白井ロジュマン前 停歩1分

グッドウィル三枚町B棟

グッドウィル三枚町B棟の画像

賃料
4.7万円
種別
アパート
住所
神奈川県横浜市神奈川区三枚町135番地46
交通
片倉町駅
徒歩13分

トップへ戻る