レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の契約時に必要な書類とは?

賃貸物件の契約時に必要な書類とは?

≪ 前へ|失敗しないための部屋探しのポイント   記事一覧   2024年引越シーズン|次へ ≫
カテゴリ:ブログ
賃貸物件を借りるためには、契約時にさまざまな書類の提出が必要です。これらの書類は、不動産会社やオーナーが将来的なトラブルを防ぐために必要なものです。この記事では、個人契約と法人契約の場合に必要な書類について詳しく解説いたします。また、必要書類が提出できない場合の対応についてもお伝えします。

個人契約の場合

個人の方が賃貸物件を借りる場合、一般的には下記の書類提出が求められます。ただし、賃貸する物件ごとに違うケースもありますので、事前に確認が必要です。

・身分証明書: パスポート、運転免許証、在留カード、マイナンバーカードなどの有効な身分証明書が必要です。あわせて社会保険証などの写しを求められるケースが多いです。これにより、本人確認や住所確認・在籍確認などができます。

上記以外にも物件によっては下記の書類を求めらる可能性があります。

 ・収入証明書: 給与明細、確定申告書、源泉徴収票など、収入を証明する書類が必要です。物件の賃料と収入が見合っているかを確認するために必要な書類です。

・住民票:原本の提出を求められるケースがあります。

・印鑑証明書:実印契約などの場合に必要となります。

・保証会社の利用が一般的になりつつありますが、連帯保証人を付けて契約する場合には、連帯保証人の印鑑証明書や連帯保証人の承諾書の提出が求められます。連帯保証人は、賃料の滞納や損害を補填する責任を負います。また、実印での押印が必要なため、印鑑証明書の提出も必要となります。

法人契約の場合

法人が賃貸物件を借りる場合、以下の書類の提出が求められることがあります。
1.  法人登記簿謄本: 法人の登記簿謄本は、法人の存在と代表者の権限を確認するために必要です。
2.法人会社案内:法人の内容を記したパンフレットやホームページなどあれば、事業内容などを確認するために求められます。

上記以外にも会社の規模によっては、法人の代表者になる方の身分証明書が必要となるケースもあります。その他、借りる物件によっては法人の決算書や印鑑証明書なども求められるケースもあります。

必要書類が提出できないと契約できないか?

求められた必要書類が提出できない場合、賃貸契約が成立しない可能性があります。不動産会社やオーナーは、契約をする際に必要な書類を提出してもらうことによって、入居者の信頼性や経済的な面の確認を行っています。書類の提出ができない場合、入居者の信頼性や経済的な面を判断することができないため、契約が成立しない可能性が高くなります。

ただ必要書類が提出できない場合でも、事前に不動産会社やオーナーに一度相談してみましょう。場合によっては、他の方法などで、対応できるかもしれません。ただし、不動産会社やオーナーの判断によっては、提出できる書類がない場合には契約が成立しない可能性が高いことを念頭においておきましょう。

賃貸物件を借りる際には、上記のような必要書類の提出が求められることが考えられます。個人契約の場合と法人契約の場合で必要な書類が異なるため、手続きを進める前に必要書類を確認しておくことが重要です。その為、指定された期日までに必要書類の提出ができない場合には、契約が成立しない可能性がありますので、あらかじめご相談することもおすすめいたします。

レジスタでは、賃貸物件の部屋探しのご相談、賃貸テナント物件などのご相談も承っております。
ぜひご相談お待ちしております!


☆テナントショップ人形町☆
https://ningyocho.tenant-info.net


≪ 前へ|失敗しないための部屋探しのポイント   記事一覧   2024年引越シーズン|次へ ≫

 おすすめ物件


MAISON FLEUR

MAISON FLEURの画像

賃料
3.5万円
種別
アパート
住所
東京都国分寺市日吉町2丁目2-27
交通
国立駅
徒歩9分

グレイスハイム国分寺

グレイスハイム国分寺の画像

賃料
3.3万円
種別
アパート
住所
東京都国分寺市東恋ヶ窪3丁目34-11
交通
恋ヶ窪駅
徒歩11分

白井ロジュマン

白井ロジュマンの画像

賃料
10万円
種別
マンション
住所
千葉県白井市冨士151-2
交通
鎌ヶ谷大仏駅
バス2分 白井ロジュマン前 停歩1分

グッドウィル三枚町B棟

グッドウィル三枚町B棟の画像

賃料
4.7万円
種別
アパート
住所
神奈川県横浜市神奈川区三枚町135番地46
交通
片倉町駅
徒歩13分

トップへ戻る