レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 永住権を取得した外国人が賃貸物件を借りるには?入居審査や注意事項を紹介

永住権を取得した外国人が賃貸物件を借りるには?入居審査や注意事項を紹介

≪ 前へ|ルームシェアをしたい外国人の方必見!賃貸契約の流れを解説します   記事一覧   外国人が日本で賃貸物件を借りるなら「フリーレント」を検討してみよう|次へ ≫
カテゴリ:インフォメーション

日本の永住権を取得する外国人は、近年増えています。

 

この記事は永住権を取得した外国人向けに、賃貸物件を借りる方法をまとめました。

 

「日本で働くためには住む場所が必要だけど、どうしたらいいのかわからない」

 

このような不安を感じている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

入居審査や賃貸契約時の注意点を、わかりやすく解説します。


永住権を取得した外国人

 

賃貸を借りる第一ステップ!永住権を取得した外国人が「入居審査」を通過するには?


永住権を取得した外国人が入居審査を通過するためには、日本語で意思疎通を図れることが重要になります。

 

日本語でコミュニケーションが図れないと、トラブルなどの解決が難しくなる場合もあります。

 

そのため「日本の大学や日本語学校に通っていた方」「ホームステイをしていた方」は、入居審査が通りやすくなる傾向があります。

 

<入居審査に必要な書類>

 

入居審査をおこなうには、さまざまな書類を提出する必要があります。

 

まず、毎月の家賃が支払えるかどうかが確認されます。

 

収入がないと「支払い能力なし」とみなされ、審査を通過できません。

 

すでに仕事をしている方は「就労証明書」や「所得証明書」、内定が決まっている方は「内定証明書」の提出を求められる可能性が高いです。

 

どちらの証明書も、勤務(または勤務を予定)している会社に書いてもらえます。

 

永住権を取得していることを証明するために、「在留カード」の提示も必要です。

 

在留カードの有効期限が切れていないか、きちんと確認しておきましょう。

 

あわせて「パスポート」の提示が求められる場合もあります。

 

さらに、賃貸物件に入居するためには、「連帯保証人」が必要です。

 

連帯保証人になる方の氏名・住所・連絡先・所得証明書・印鑑登録証明書などを提出しなければならないため、事前に準備しておきましょう。

 

連帯保証人は、日本人のほうが審査に通りやすい傾向があります。

 

部屋を探しはじめたら、連帯保証人になってくれる人を見つけておくとスムーズですよ。

 

もしも連帯保証人が見つからない場合は、外国人向けの保証会社を利用しましょう。

 

提出書類は不動産会社によって異なるため、事前に確認することが大切です。

 

賃貸契約トラブルに気をつけて!永住権を取得した外国人が賃貸契約時に注意すること


賃貸契約の内容をきちんと理解していないと、トラブルの原因になります。

 

永住権を取得した外国人が部屋を借りるときは、以下の点に注意しましょう。

 

・重要事項の説明をきちんと理解する

・賃貸契約時にかかる費用を把握する

・契約期間や更新有無を確認する

・入居中の禁止事項を把握する

・退居する場合の手続き方法を確認する

 

賃貸契約をするときは、宅地建物取引業法により「重要事項の説明」を受ける義務があります。

 

正しく理解できるか不安な方は、日本語がわかる方についてきてもらいましょう。

 

また、入居するための費用はいくらなのか、更新には費用がかかるのかなど、契約時にしっかり確認することが大切です。

 

まとめ


入居審査の条件や、賃貸契約時の注意点はご理解いただけたでしょうか。

 

トラブルに発展しないために、内容をきちんと把握してから賃貸契約をおこなってくださいね。


私たちレジスタ合同会社では、外国人技能実習生向けの賃貸物件を多数取り扱っておりので当社までお気軽に相談ください!

≪ 前へ|ルームシェアをしたい外国人の方必見!賃貸契約の流れを解説します   記事一覧   外国人が日本で賃貸物件を借りるなら「フリーレント」を検討してみよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る