レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 外国人に賃貸物件を貸したい!メリットやトラブルとは?

外国人に賃貸物件を貸したい!メリットやトラブルとは?

≪ 前へ|打倒新型コロナウィルス   記事一覧   フィリピン人を雇用する場合に必要なPOEA・POLOの手続きとは?|次へ ≫
カテゴリ:外国人技能実習制度について

近年、人口減少によって空き家が増えてきていますよね。

 

その一方で日本へ来る外国人の数はどんどん増えています。(新型コロナウィルスの影響を除く)

 

不動産経営する際も外国人に向けて賃貸経営を行えば空室を回避することができるのではないでしょうか?

 

「外国人に向けて物件を貸したいけれど、トラブルが起こったときに言葉が通じるかな?」

 

「日本の習慣を理解して正しく物件を扱ってくれるだろうか?」

 

いざ貸すとなると悩みがつきませんよね。

 

この記事では、外国人向けに賃貸物件を貸すメリットやトラブルが起きた際の解決法についてご紹介します。


外国人

 

外国人に賃貸物件を貸したい!メリットとは?


現在、日本で暮らしている外国人は200万人〜300万人いるとされており、過去最多を更新し続けています。

 

外国人に賃貸物件を貸す場合のメリットは、入居者の幅が広がり、空室が少なくなること以外に何があるのでしょうか?

 

<メリット外国人同士の口コミによって紹介が増える>

 

外国人は、文化の違いや言葉の違いからトラブルに発展することが多く、入居をあまり歓迎しない大家さんもいます。

 

そのため、どの物件ならば受け入れてくれるか外国人同士で情報交換をすることがあります。

 

外国人の入居を歓迎していれば、口コミによって物件の情報が広がり、自然と入居人数が増えていく場合があります。

 

<メリットどの時期でも入居者の候補がいる>

 

日本では、基本的に3月や10月などに引越しをすることが多いため、入居の時期はそこに集中します。

 

一方で外国人の場合は来日する時期はまちまちなので、いつでも入居候補者がいるという状態になります。

 

外国人に賃貸物件を貸したい!トラブルとは?


国によって文化が違うため、生活スタイルも出身国によってさまざまです。

 

生活習慣の違いから、大家さんにとっては予期していなかったトラブルが発生することもよくあります。

 

具体的にどのようなことでトラブルが起こりやすいのでしょうか?

 

<トラブル日本の機械や設備の使い方がわからない>

 

お風呂が、日本特有の習慣であることは有名ですよね。

 

湯船があるということを、知っている外国人も多いと思いますが、それ以外にもガスコンロやトイレの使い方などは初めて利用するという人が少なからずいます。

 

そのため、間違った使い方により壊してしまうなどのトラブルが発生しやすいです。

 

入居する前に、念入りに説明するなどの解決法を練っておきましょう。

 

<トラブル言葉が通じない>

 

お互いに、言葉が全くわからない場合に肝心な説明ができなかったり、問題が起こったときの相談ができなかったりと苦労することがあります。

 

解決法としては、言葉が通じなくても伝わるようにイラストや図を用いた資料を用意したり、英語が話せるスタッフを探すことが重要です。

 

まとめ


外国人が入居できるようになれば、賃貸経営もよりスムーズに行うことができます。

 

メリットが多い外国人向けの賃貸経営ですが、メリットだけではなく、トラブルに対する解決法をしっかり準備しておきましょう。

 

ぜひこの記事を参考に、検討してみてください。

私たちレジスタ合同会社では、外国人技能実習生向けの賃貸物件を多数取り扱っておりますのでお気軽にご相談ください!

≪ 前へ|打倒新型コロナウィルス   記事一覧   フィリピン人を雇用する場合に必要なPOEA・POLOの手続きとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る