レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 外国人雇用に欠かせない宗教的配慮の方法について

外国人雇用に欠かせない宗教的配慮の方法について

≪ 前へ|外国人を雇うと雇用保険はどうする?手続き方法は例外とは?   記事一覧   技能実習生が加入するべき5種類の保険とは?|次へ ≫
カテゴリ:インフォメーション

外国人を雇用する上で、宗教的な配慮は欠かせません。

 

しかし日本人にとってはなじみの薄いルールが多いので、雇い入れの際は信仰を阻害しないための工夫が必要です。

 

そこで外国人を雇用するときに知っておくべき、戒律や配慮の方法を解説します。

 

外国人雇用における宗教の配慮に欠かせない戒律とは

 

外国人雇用に欠かせない宗教的配慮の方法について


 

戒律とは、宗教における生活規律を示したものです。

 

外国人雇用の上で知っておきたい戒律には、主に以下のものが考えられます。

 

・禁止されている食材

・礼拝活動

・禁止されている行為

 

そこで代表的な宗教における、配慮に関係する戒律を確認していきましょう。

 

<イスラム教の戒律>

 

世界人口の1/3を占めるイスラム教では、豚や血(血液のついた食べ物)・アルコールを禁じています。

 

また1日5回の礼拝があるので、就業時間と重なることが多いでしょう。

 

さらに女性のヒジャブ(頭髪や首を隠すスカーフ)など、服装に関する規定もあります。

 

<ヒンドゥー教の戒律>

 

ネパールやインドに多いヒンドゥー教は、殺生を避ける傾向にあります。

 

そのため聖なる動物である牛をはじめ、肉や魚全般を食べないベジタリアンが多い宗教です。

 

外国人雇用で宗教に配慮するための対応方法

 

同じ宗教であっても、教義との向き合い方は人によって異なります。

 

そのため外国人雇用においては、個別の配慮が原則です。

 

まずは本人の意向を把握した上で、業務内容との調整を行うようにしましょう。

 

<食事に関する配慮方法>

 

食事の配慮で盲点となりやすいのが、禁止食材が含まれる調味料です。

 

たとえばイスラム教では、保存料としてアルコール成分が添加されている醤油などは使用できません。

 

そこでイスラム教の作法を守った、ハラル対応のメニューを提供しましょう。

 

またヒンドゥー教に対しては、ベジタリアン対応などの工夫が必要です。

 

<休憩時間や休暇を配慮する>

 

礼拝をはじめとする宗教活動が就業時間と重なる場合、スペースの確保や休憩時間の調整が必要です。

 

宗教活動の時間は無給とするのか、あるいはお昼休憩などと調整するのかは、個別に相談して決定しましょう。

 

またイスラム教のラマダーン月は、日中の飲食ができません。

 

その期間は体調管理の面においても、休憩時間の配分を工夫してください。

 

そして日本がお盆と年末年始に長期休暇を取得するように、国によって長期休暇のタイミングは異なります。

 

出身国に合わせた休暇設定も、外国人にするべき配慮の1つです。

 

<日本人向けの研修を行う>

 

宗教に対する適切な配慮をするためには、一緒に働く日本人従業員の理解が不可欠です。

 

研修によってその国の文化や風習に対する理解を深めると、日本人と外国人との間の信頼関係も生まれます。

 

互いに相談できる環境にすれば、外国人も日本人も働きやすい職場になるでしょう。

 

まとめ

 

外国人にとっての宗教は、人それぞれ解釈や向き合い方が異なります。

 

そこで配慮の内容や方法について詳細を詰めるより、臨機応変に対応できる体制が重要です。

 

外国人クライアントの対応にも役立つので、まずはできることから始めましょう。

 

私たちレジスタ合同会社では、外国人向けの賃貸物件を多数取り扱っております。

 

お引っ越しを検討されている外国人の方がいましたら、当社までお気軽にご相談ください!
≪ 前へ|外国人を雇うと雇用保険はどうする?手続き方法は例外とは?   記事一覧   技能実習生が加入するべき5種類の保険とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る