レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 外国人が早期退職してしまう理由や対策とは?

外国人が早期退職してしまう理由や対策とは?

≪ 前へ|技能実習生が加入するべき5種類の保険とは?   記事一覧   企業が気を付けたい不法就労助長罪の防止策とは?|次へ ≫
カテゴリ:インフォメーション

外国人の雇用において、数年以内に辞めてしまう早期退職は珍しくない問題です。

 

早期退職は会社と従業員の双方にデメリットが大きいため、なるべく防ぎたい問題ではないでしょうか。

 

そこでこちらの記事では、早期退職してしまう理由とは何か、対策方法とともにご紹介します。

 

外国人が早期退職してしまう理由とは?

 

外国人が早期退職してしまう理由や対策とは?

 

早期退職にいたる原因はさまざまですが、外国人雇用で特に起こりがちな問題があります。

 

そこで外国人が早期退職する主な理由とは何か、確認していきましょう。

 

<人間関係>

 

早期退職する理由のひとつに、人間関係の悩みが挙げられます。

 

上司や同僚との関係がうまく築けず、居心地が悪くなったり業務に支障が出たりします。

 

日本語能力に問題がなくても、文化の違いや暗黙のルールによってすれ違いが生じやすいので注意してください。

 

人間関係の問題を放置すると、パワハラなどにも発展するため対策が欠かせません。

 

<雇用のミスマッチ>

 

雇用のミスマッチとは外国人本人の得意分野や能力、経歴とかけ離れた業務へ配置したときなどに起こりがちな問題です。

 

採用の際は担当する業務内容や、待遇(給与や福利厚生など)などの認識をすり合わせましょう。

 

そこで会社でどのようなスキルを発揮できるのか、またどのような待遇を期待しているかなどを面接時に確認してください。

 

外国人の早期退職を防ぐ対策とは?

 

外国人の早期退職を防ぐためには、労働環境の見直しだけでなく精神面のフォローが欠かせません。

 

そこで早期退職防止のための対策とは何かを、具体的に確認していきましょう。

 

<フォローアップを定期的にする>

 

人間関係の悩みを解消するため、定期的にフォローアップを実施してください。

 

外国人従業員が意見しやすい環境をもうけて、困りごとや問題点を共有しましょう。

 

また研修などの教育プログラムも効果的です。

 

このとき母国の文化や慣習による違いは、考慮すべきポイントです。

 

可能であれば、母国語でも面談できる機会をもうけましょう。

 

<キャリアパスを明示する>

 

経験のために専門外の業務へ配置していたとしても、外国人本人がそのことを理解していないと雇用のミスマッチであると受け止められてしまいます。

 

その業務に従事するとどのようなスキルを得られるのか、またどのようなキャリアアップを望めるのかなどを明示しましょう。

 

そこで定期的にキャリア面談の機会をもうけ、本人の希望を把握するのも大切です。

 

まとめ

 

外国人が早期退職する理由とは何かについて解説しました。

 

もちろん個人の都合や止むを得ない退職もありますが、職場でできる対策を取れば雇用継続につながるかもしれません。

 

日本人従業員の早期退職防止にも効果的ですので、会社の方針を見直す際はぜひ参考にしてみてください。

 

私たちレジスタ合同会社では、外国人向けの賃貸物件を多数取り扱っております。

 

お引っ越しを検討されている外国人の方がいましたら、当社までお気軽にご相談ください!
≪ 前へ|技能実習生が加入するべき5種類の保険とは?   記事一覧   企業が気を付けたい不法就労助長罪の防止策とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る