レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 外国人を雇用するときのコミュニケーションの取り方やポイントとは?

外国人を雇用するときのコミュニケーションの取り方やポイントとは?

≪ 前へ|外国人を雇用する際に知っておきたい契約書の作り方と注意点   記事一覧   在留資格「高度人材」とは?ポイント制度と採用方法をご説明|次へ ≫
カテゴリ:インフォメーション

近年、外国人を雇用する企業は増加傾向にあります。

 

そこで問題になるのが、外国人従業員と日本人従業員間におけるコミュニケーションの方法です。

 

そこで外国人雇用における、コミュニケーションの取り方やポイントをご紹介します。

 

外国人雇用におけるコミュニケーションの取り方とは?

 

外国人を雇用するときのコミュニケーションの取り方やポイントとは?

 

外国人雇用では、言葉の壁が大きな問題になりがちです。

 

母国語が異なるため円滑なやりとりが難しく、誤解を招いたりミスの原因になったりします。

 

しかし適切なコミュニケーションの取り方を知っておけば、円滑な業務の進行につながるでしょう。

 

<平易な表現を心がける>

 

外国人従業員に対しては、なるべく平易な表現でのやりとりを心がけましょう。

 

日常会話は問題ないレベルでも、表現が複雑になると理解が困難になる場合があります。

 

必要に応じて口頭だけでなく、筆談やジェスチャー、翻訳アプリなども活用してください。

 

業務に関することなら実演での説明や、写真・イラストを交えたマニュアルも有効です。

 

外国人雇用におけるコミュニケーションのポイント!

 

外国人従業員の雇用を促進するためには、いくつかのポイントがあります。

 

そこで、コミュニケーションを取るときに知っておきたいポイントを確認していきましょう。

 

<価値観の違いを理解する>

 

コミュニケーション能力に問題がなくても、価値観や文化の違いによる困難があります。

 

日本人には暗黙の了解になっていても、外国人にとっては理解できないものが少なくありません。

 

遠回しな言い方や比喩表現を避けるだけでなく、価値観の差異を理解する必要があるでしょう。

 

また日本のやり方を押し付けすぎると、反発や不信感を招きます。

 

そこで日本的な価値観に固執せず、会社の理念をメインに伝えると理解が深まるでしょう。

 

<スキルアップの機会をもうける>

 

外国人のなかには、学習機会を求めて日本で働いている人がいます。

 

たとえば業務内容に関連した文章課題を出し、定期的に添削指導をする方法などがオススメです。

 

日本語能力の向上だけでなく、業務への理解を深めるのにも効果的です。

 

また添削を通してコミュニケーションを取れるため、相互の理解が進みます。

 

まとめ

 

外国人を雇用するときに知っておきたい、コミュニケーションの取り方やポイントを紹介しました。

 

日本独自の考え方を見直したり、異文化に対する理解を深めるのが円滑な業務につながります。

 

外国人従業員の定着率アップも期待できますから、ぜひコミュニケーションのやり方を見直してみてくださいね。

 

私たちレジスタ合同会社では、外国人向けの賃貸物件を多数取り扱っております。

 

お引っ越しを検討されている外国人の方がいましたら、当社までお気軽にご相談ください!
≪ 前へ|外国人を雇用する際に知っておきたい契約書の作り方と注意点   記事一覧   在留資格「高度人材」とは?ポイント制度と採用方法をご説明|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る