レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 職場のモチベーションを上げる方法やメリットについて解説

職場のモチベーションを上げる方法やメリットについて解説

≪ 前へ|人手不足が続く日本!外国人技能実習生の受け入れ可能人数は何人まで?   記事一覧   特別な体制があれば夜勤もできる!外国人技能実習生が介護で夜勤に入るときの注意点|次へ ≫
カテゴリ:インフォメーション

職場のモチベーションを上げる方法やメリットについて解説

作業効率を上げて個人の能力を十分に発揮するためには職場のモチベーションを上げたいところ。
社員の士気が低下して嘆く経営者や人事は少なくありません。
そこで今回は、職場のモチベーションを上げる方法やメリットについてまとめてみました。
職場の雰囲気をよくしたいという人におすすめの内容です。

弊社へのお問い合わせはこちら

職場のモチベーションを上げる方法

人間がモチベーション高く行動するためには何かしらの欲求が関係しています。
人間の欲求を体系的にまとめたのが、アメリカの心理学者マズローが唱えた「マズローの欲求5段階説」です。
下から順番に生理的欲求・安全欲求・社会的欲求(帰属欲求)・尊厳欲求(承認欲求)・自己実現。
これらに当てはめると職場のモチベーションを上げる方法が見えてきます。
人事評価制度は、尊厳欲求(承認欲求)を満たすもの。
「所属する組織の中で特別な存在でいたい」「一目置かれたい」という欲求を満たしてくれます。
正しく評価することで、上司や先輩から認めてもらっていると感じられます。
適切な声かけも尊厳欲求(承認欲求)を満たしてくれるでしょう。
たとえば「前よりよい企画書だったよ」と声をかけてもらったらやる気が上がるのではないでしょうか。
適切な報酬を与えると、生理的欲求や安全欲求を満たすでしょう。
給料やボーナスだけではなく過度な長時間労働を避けたり休日出勤をなくしたりする取り組みも必要です。
目標を立てて実行するのは、自己実現にあたります。
将来こうありたいという欲求を満たすエネルギー源になるのです。
目標を細分化して簡単な内容から小刻みに達成していくことで、最終目標に近づいていく育成手法である「スモールステップ」は、無理なく自己実現を達成する有効な手段です。

職場のモチベーションを上げるメリット

職場のモチベーションを上げるメリットとしては下記が挙げられます。

●離職率が下がる
●生産性が上がる
●会社への忠誠心が高まる
●組織の士気が高まる


職場のモチベーションを上げると会社の業績が上がることがさまざまな研究で明らかになっています。
そして、やる気が高い社員は会社と顧客の双方に対して貢献度が高いです。
社員にやる気を出させることをないがしろにすると組織として衰退していくでしょう。
とりわけ優秀な社員は組織の雰囲気を大事にする傾向があります。
一緒に仕事をする仲間として認められるかどうかチェックしているわけです。
優秀な人材は優秀な仲間と切磋琢磨したいのでしょう。

おすすめ|賃料5万円以下

まとめ

今回は、職場のモチベーションを上げる方法やメリットについて解説しました。
マズローの欲求5段階説に合わせて報酬を与えたり褒めたりするのがポイントです。
叱ってばかりだとやる気をなくしかねないので適切な指導が必要です。
私たちレジスタ合同会社では、外国人向けの賃貸物件を多数取り扱っております。
お引っ越しを検討されている外国人の方がいましたら、当社までお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|人手不足が続く日本!外国人技能実習生の受け入れ可能人数は何人まで?   記事一覧   特別な体制があれば夜勤もできる!外国人技能実習生が介護で夜勤に入るときの注意点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る