レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 特別な体制があれば夜勤もできる!外国人技能実習生が介護で夜勤に入るときの注意点

特別な体制があれば夜勤もできる!外国人技能実習生が介護で夜勤に入るときの注意点

≪ 前へ|職場のモチベーションを上げる方法やメリットについて解説   記事一覧   外国人技能実習生が失踪する理由とは?失踪を防ぐにはどうすべきなのか?|次へ ≫
カテゴリ:外国人技能実習制度について

特別な体制があれば夜勤もできる!外国人技能実習生が介護で夜勤に入るときの注意点

日本では、高齢化社会が進み、深刻な問題となっています。
そのような中、今、介護の現場では外国人技能実習生の活躍が期待されています。
外国人技能実習制度は、「技能実習」や「研修」の在留資格で日本に在留する外国人に対して、報酬を伴う技能実習および研修を行う制度です。
しかし、劣悪な労働環境が問題となり、新たに改正された技能実習制度では、技能実習の適正な実施や技能実習生の保護の観点から、監理団体の許可制や技能実習計画の認定制等が新たに導入されました。
ここでは、外国人技能実習生が介護で夜勤に入るときの条件や注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

外国人技能実習生が夜勤に入るときの条件とは

技能実習生でも夜勤に入れるのかお悩みの方もいらっしゃると思います。
実は、安全性に考慮した「特別な体制」が整っていれば、技能実習生でも夜勤に入ることは可能です。
「特別な体制」とは、下記の条件を満たした状態を指します。
・技能実習生に夜勤を行わせる場合、利用者の安全の確保等のために必要な措置を講ずること
・技能実習生以外の介護職員を指導に必要な範囲で同時に配置することが求められ、指導等に必要な数の技能実習生以外の介護職員(主として技能実習指導員)と技能実習生の複数名で業務を行うこと
・技能実習生と同時に配置することが求められる介護職員について、技能実習生の介護業務の知識・経験、コミュニケーション能力等を総合的に勘案した上で、各事業所の実情に応じ、必要な人数の配置を行うこと
つまり、技能実習生単独で夜勤に入ることはできませんが、声掛けできる範囲内に日本人が居れば夜勤も可能です。

介護の現場で夜勤勤務を行うときの注意点とは

技能実習生に限らず、介護の現場で夜勤に入るときの注意点をご紹介します。
・日勤に比べて職員の数が少ない
夜勤は職員の人数が少なくなるため、幅広い業務を担当しなければなりません。
また、夜勤では看護師がいない場合もあり、緊急時には迅速かつ適切な対応が求められます。
・利用者の体調の変化に注意する
夜間に利用者の体調が急変することも少なくありません。
日中の申し送りの際に、あらかじめ体調が急変する恐れのある利用者を把握しておくことで、万が一の場合に迅速な対応ができます。
夜勤中は、看護師がいなかったり、医療機関とも連絡が取りにくいため、利用者のわずかな体調の変化に気付く観察力も大切です。

要チェック|ルームシェア可

まとめ

条件を満たせば、外国人技能実習生でも夜勤に入ることは可能です。
その際には、利用者の安全を第一に考え、すぐに対応できる環境を整えておきましょう。
私たちレジスタ合同会社では、外国人向けの賃貸物件を多数取り扱っております。
お引っ越しを検討されている外国人の方がいましたら、当社までお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|職場のモチベーションを上げる方法やメリットについて解説   記事一覧   外国人技能実習生が失踪する理由とは?失踪を防ぐにはどうすべきなのか?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る