レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 外国人技能実習生が失踪する理由とは?失踪を防ぐにはどうすべきなのか?

外国人技能実習生が失踪する理由とは?失踪を防ぐにはどうすべきなのか?

≪ 前へ|特別な体制があれば夜勤もできる!外国人技能実習生が介護で夜勤に入るときの注意点   記事一覧   特定技能外国人を雇用するときの費用はどれくらいかかる?|次へ ≫
カテゴリ:外国人技能実習制度について

外国人技能実習生が失踪する理由とは?失踪を防ぐにはどうすべきなのか?

産業や職業の技能習得を目的として、外国人を日本で受け入れ、実習を受けてもらう制度が外国人技能実習制度です。
研修を受ける外国人は、技能実習生と言われています。
日本では、技能実習生の失踪が相次いでおり問題になっています。

弊社へのお問い合わせはこちら

外国人技能実習生が日本で失踪する理由はいくつかある

失踪する外国人技能実習生は、年々増えており問題になっています。
最近は毎年1万人近い技能実習生が失踪しています。
失踪する理由はいくつかあります。

●給料が少ない
技能実習生に行ったアンケートによると、低賃金だと答えています。
業種により違いはありますが、技能実習生の給料は月収10万円以下です。
母国に仕送りしたいと考える外国人が多いので、月収10万円では少ないと考えます。
稼げるところで働こうと思い、元の職場から姿を消すのです。

●勤務環境が過酷
過酷な環境も、技能実習生が失踪する理由です。
寮など住まいの環境が悪い、休みがほとんどない、長時間の勤務などと勤務環境は悪いです。
言葉が通じにくいのも、勤務環境を悪くしています。

●実習後も他の職場で働く
技能実習期間が終わると、技能実習生は帰国しないとなりません。
しかし実習期間が終わっても、日本で働きたいと、実習現場を離れて他の職場を探します。
最初から実習期間終了後に、日本で不法滞在し働こうと考える技能実習生もいます。

外国人技能実習生の失踪を防ぐためには

技能実習生が失踪するのは、低賃金や劣悪な勤務環境などが理由です。
失踪を防ぐために、出入国在留管理庁が失踪防止策を打ち出しました。

●低賃金や劣悪な勤務環境など問題のある実習先は一定期間受け入れ停止
●賃金不払いなどのある実習先は無期限受け入れ停止
●技能実習生の在留カードをハローワークへ報告
●違法行為の実習先名の公表検討


このような防止策を打ち出しても、実習先の勤務環境が変わらないと、技能実習生の失踪は減りません。
以下のような行為が実習先で行われると、実習生の失踪が起こりやすいです。

●最低賃金以下の賃金
●住居費や食費などを規定以上に徴収
●時間外労働
●規定以上の残業
●暴行や脅迫


契約通りの適切な給料を支払い、違法な残業をさせないことは大前提として、実習の指導は思いやりをもって行い、言葉が通じにくくても根気よくコミュニケーションを取っていけば失踪の確率はさがるのではないでしょうか。

まとめ

外国人技能実習生の失踪は年々増えており、日本で問題になっています。
多くは実習先に問題があると実習生は失踪しやすく、低賃金や劣悪な勤務環境などが原因です。
出入国在留管理庁は失踪防止策を打ち出しましたが、失踪が減るかどうかは実習先次第です。
私たちレジスタ合同会社では、外国人技能実習生を受け入れ検討中の法人のご担当者様の相談を承っております
↓ご相談希望の方はこちらからクリックでもいけます↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|特別な体制があれば夜勤もできる!外国人技能実習生が介護で夜勤に入るときの注意点   記事一覧   特定技能外国人を雇用するときの費用はどれくらいかかる?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る