レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件で外国人と同棲する時に注意することはある?審査のポイントなどを紹介!

賃貸物件で外国人と同棲する時に注意することはある?審査のポイントなどを紹介!

≪ 前へ|スムーズな賃貸契約をサポート!外国人向けの家賃保証会社とは?    記事一覧   外国人技能実習生の入国後講習とは?一連の流れや概要についてご紹介|次へ ≫
カテゴリ:インフォメーション

賃貸物件で外国人と同棲する時に注意することはある?審査のポイントなどを紹介!

賃貸物件で同棲を始めるという方も少なくありませんが、外国籍の方と同棲を始める場合は、日本国籍同士の同棲となにか違いがあるのか気になりますよね。
この記事では、外国籍の方と同居する場合、賃貸物件に入居する際の審査にはなにか違いがでてくるのか、必要になる書類はあるのかをご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

外国人と同棲する場合は賃貸物件に入居する際の審査に違いがある?

賃貸物件に入居するためには、審査に通る必要があります。
審査に通れば希望する賃貸物件に入居することができますが、同居人に外国籍の方がいる場合は、通常の入居審査となにか違いが出てくるのでしょうか?
実は賃貸物件に外国籍の方と一緒に入居する際は、入居審査が厳しくなる場合があります。
文化や風習が違うことによってトラブルが起こる可能性があるというリスクがあることが、審査が厳しくなる理由と言われています。
だからといって審査に通りにくくなるかもしれないと、大家さんに無断で同居することは絶対にやめましょう。
無断での同居は、国籍にかかわらず、強制退去を命じられる可能性があります。
審査に通過しやすい物件選びのポイントとしては、カップルやファミリー向けの賃貸物件を選ぶのがおすすめです。
また、在留資格があることや、日本での滞在期間や職歴が長いことも、入居審査に通過しやすいポイントとなっています。

外国人と賃貸物件で同棲する場合の必要書類とは?

外国籍の方と入居する際に必要になる書類は、同居する外国籍の方の「パスポート」と「在留カード」です。
これらは不法滞在ではないことを証明するために必要な書類となるので、必ず用意しておきましょう。
留学生の場合は、学生証や在学証明書などを準備しておく必要もあります。
他にも準備しておくといい書類に関しては、収入証明書や就労資格証明書、資格外活動証明書などがあります。
緊急時に連絡が取れる人の連絡先も事前に伝えておくことで、審査に通過しやすくもなるので、相手に信頼してもらうためにこういった書類を事前に用意しておきましょう。
連帯保証人をつける場合は、原則として日本人の方に頼むようになります。

まとめ

ルームシェアでの同居や、外国籍の方との同棲も増えている近年。
きちんと必要な書類を準備すれば、入居のための審査もトラブルなく通過することができるでしょう。
外国籍の方が多く住んでいる賃貸物件や、ルームシェアにおすすめの賃貸物件など、様々なニーズに合わせた賃貸物件も増えています。
きちんと手続きを踏んで、楽しい新生活をスタートさせてくださいね。
私たちレジスタ合同会社では、外国人向けの賃貸物件を多数取り扱っております。
お引っ越しを検討されている外国人の方がいましたら、当社までお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|スムーズな賃貸契約をサポート!外国人向けの家賃保証会社とは?    記事一覧   外国人技能実習生の入国後講習とは?一連の流れや概要についてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る