レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 日本の賃貸物件における「外国人入居円滑化支援」とは?制度概要とメリットを解説

日本の賃貸物件における「外国人入居円滑化支援」とは?制度概要とメリットを解説

≪ 前へ|外国人技能実習生の拠点となる宿舎はどんなところ?   記事一覧   外国人の方が賃貸契約する際に必要な審査書類とは?注意点も押さえておこう|次へ ≫
カテゴリ:インフォメーション

日本の賃貸における外国人入居円滑化支援とは?制度概要とメリットを解説

賃貸物件には、さまざまな人が住んでいます。
特に最近では、住んでいる人も日本人だけとは限りません。
移住者や労働者など、さまざまな国籍を持つ方が住んでいることもあるでしょう。
この記事は、「外国人入居円滑化支援」について解説します。
日本に住みたいと計画している外国の方はもちろん、そういった制度に対応した賃貸物件にお住まいの予定がある人は必見です。

弊社へのお問い合わせはこちら

日本の賃貸物件に住むなら知っておきたい「外国人入居円滑化支援」とは?

賃貸物件は、契約書が用意でき、所定のお金(敷金や礼金、仲介手数料など)が用意できれば基本的に誰でも入居できます。
しかし、外国の方となれば話は別です。
お金の用意があったとしても、文化の違いや制度の違いにより、賃貸契約にてこずる方は大勢いるでしょう。
そんな彼らを支援し、賃貸物件への入居を円滑に進める諸制度を総称して、外国人入居円滑化支援と呼びます。
自治体によっては、賃貸物件探しの前に外国の方が住まいに関する情報を得るパンフレットを配布し、入居から退去までをトータルサポートを実施中です。
また、外国の方を対象としたセーフティネットとも連携しており、公社やNPO法人がそれぞれの地域に住む外国の方を対象に、家賃滞納を起こさせない仕組みづくりに取り組んでいます。
これら、市町村や特定の地域でおこなわれている支援制度を一括で検索、参照できるのが外国人入居円滑化支援です。

日本の賃貸物件で「外国人入居円滑化支援」を導入すると誰にどんなメリットがある?

外国人入居円滑化支援には、どういったメリットがあるのでしょうか。

日本に住みたい外国人にとっては日本移住の重要な手引きとなる

まず、日本に住みたいと考える外国の方にとって、外国人入居円滑化支援は重要なマニュアルとも言えます。
日本への移住に際し、何が必要かを把握するのに役立つからです。

外国人入居円滑化支援をおこなう賃貸に住む日本人にとってのメリットとは?

同施策を実施する賃貸物件に住む日本人は、物件の家賃が相場よりも低くなるというメリットがあります。
外国の方とはマナーや文化の違いが多かれ少なかれあるもので、同じ賃貸に住む人には何かしらの迷惑がかかる場合もあるでしょう。
そのような事態に備えて、海外の方を受け入れる賃貸物件の多くは家賃が安く設定されています。

賃貸を運営するオーナーにとってもメリットがある

外国の方を受け入れることで、賃貸オーナーにもメリットがあります。
たとえば、家賃を下げてもなかなか借り手がつかず空き室になっている部屋を埋めることができるのです。
部屋のリフォームをせずとも、「住みやすい」・「受け入れてくれる」というだけで外国の方の借り手が付く場合があるからです。

まとめ

外国人入居円滑化支援の取り組み概要と、メリットについて見てきました。
文化や生活の違いがあれ、住む側の外国人や日本人、そして貸す側のオーナーにとっても、外国人の受け入れはメリットがあります。
家に住みながら簡単な国際交流も可能です。
私たちレジスタ合同会社では、外国人向けの賃貸物件を多数取り扱っております。
お引っ越しを検討されている外国人の方がいましたら、当社までお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|外国人技能実習生の拠点となる宿舎はどんなところ?   記事一覧   外国人の方が賃貸契約する際に必要な審査書類とは?注意点も押さえておこう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る