レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 工場で働く人の休憩時間の注意点!法律にも定められている休憩のポイントとは?

工場で働く人の休憩時間の注意点!法律にも定められている休憩のポイントとは?

≪ 前へ|外国人技能実習生との食い違いを回避するコミュニケーション   記事一覧   物流の生産性を上げるには?MHの把握と管理がポイント!|次へ ≫
カテゴリ:インフォメーション

工場で働く人の休憩時間の注意点!法律にも定められている休憩のポイントとは?

工場の休憩時間は一般のオフィスとは異なることもあります。
工場で働こうと思っている人にとっては気になりますね。
どのように違うのか、またどのようなシステムなのかご紹介しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

工場で働く人の休憩時間にも関わる法律とは?休憩する際の注意点も

休憩時間は働く人がリフレッシュするための時間です。
「労働基準法」では"労働時間が6時間以下の場合は休憩なし・労働時間が6~8時間の場合は45分以上・労働時間が8時間を超える場合は1時間以上"と定められています。
一般的な企業の場合、社員が交代で休憩するなど、自由なタイミングで休憩時間を決められますが、工場では"一斉に"とることになります。
ただし、労使協定で定めておけば"別々に"とることもできるので、課や部署ごとに休憩時間を分けている工場もあります。
職場にもよりますが、工場の場合は回数が多めで、小休憩1~2回+昼食休憩1回の合計2~3回に設定しているケースが多いようですね。
体力を使う仕事でありながら集中力も求められるので、社員の安全を守るためにもこのように設定されています。
なお、「トイレへ行く」など、ごく短時間で戻る場合は休憩時間に含まれません。
休憩はあくまで「気分転換」を心がけることが大切です。
休憩時間だからといってスマホに集中しすぎるのは禁物、眼や肩首の疲労につながります。
作業効率が上がるように、また業務中の事故が起きないように、有効な休憩時間を過ごしましょう。

法律でも定められている工場での休憩の上手なリフレッシュの方法は?

短い時間でもできる、効果的なリフレッシュ方法についてご紹介します。

コーヒーやお茶を飲む
カフェインが含まれるコーヒーは眠気を覚ましてくれます。
香りを楽しむだけでもいいですね。

甘いものを食べる
糖分を摂取すると脳が活性化され、気分転換にもなります。

仮眠を取る
眠気が始まる前に、5~15分の仮眠はリフレッシュと集中力アップに効果的です。
ただし30分以上寝てしまうと、脳が熟睡モードになり眠気が続くので逆効果です。

ストレッチをする
体を伸ばしたり首や腰を軽く回したりと、その場でできる程度に体を動かすとリフレッシュできます。
椅子に座ったままなら、手のツボを押す、ふくらはぎを軽く揉むなどのマッサージをしてもよいでしょう。

外の空気を吸う
外出して深呼吸をしてみましょう。
散歩をしたり、少し離れたコンビニに行ったりするだけでも気分転換になります。

音楽を聴く
クラシック音楽を聴くと集中力アップに効果的。
クラシック以外でも、好きな曲を聴くだけでリフレッシュできます。

同僚と話す
黙々と作業をしていると、体も脳も固まってきます。
そんなとき同僚と会話をするだけで、脳が活性化します。

顔を洗う
水で顔を洗うと、刺激を受けてスッキリします。
メイクをしている女性の場合は、ミスト状の化粧水をシュッとかけるだけでも効果的です。

まとめ

工場で働く人のための休憩時間について解説しました。
注意力・集中力が必要な仕事の人が多いかと思いますので、休憩時間を上手に使ってリフレッシュを心がけましょう。
私たちレジスタ合同会社では、外国人向けの賃貸物件を多数取り扱っております。
お引っ越しを検討されている外国人の方がいましたら、当社までお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|外国人技能実習生との食い違いを回避するコミュニケーション   記事一覧   物流の生産性を上げるには?MHの把握と管理がポイント!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る