レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 外国人実習生が現場で働く際に必要な安全関係の書類とは?入手方法も紹介

外国人実習生が現場で働く際に必要な安全関係の書類とは?入手方法も紹介

≪ 前へ|工場仕事の現場が暑い!工場が暑くなる理由や対策をまとめて解説   記事一覧   ベトナムの特定技能外国人申請で推薦者表の提出が必要なケースと手続き方法|次へ ≫
カテゴリ:外国人技能実習制度について

外国人実習生が現場で働く際に必要な安全関係の書類とは?入手方法も紹介

外国人実習生が現場で働くためには、安全関係の書類を元請業者に提出しなければなりません。
スムーズな受け入れ体制を整えるためにも、必要な書類を事前に把握して用意しておくことが大切です。
そこで今回は、外国人実習生が現場で働くときに必要な安全関係書類の概要や入手先について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

外国人実習生が現場で働くために必要な安全関係の書類とは

外国人実習生が現場で働くために必要な安全関係の書類は、働く環境や条件を明確にして、在留中に不当な扱いを受けないようにするためのものです。
また、どのような実習生が働いているかを正しく把握し、管理しやすくするためにも必要です。
具体的には以下の書類を用意しなければなりません。

外国人技能実習生建設現場入場届出書

実習生を建設現場に入場させることを報告するための申請書で、個人情報や在留可能期間、就労場所、業務内容などについて細かく記載します。

技能実習計画認定通知書

どのようなスケジュールで技能を身につけさせるのかを確認するために必要な添付書類です。

パスポート

書類に記載した実習生の情報に相違がないか確認したり、在留資格があるか確認したりするために必要です。
顔写真のページ、入国スタンプが押印されたページをコピーして添付書類として提出します。

在留カード

在留カードは日本に3か月以上滞在することが決まっている外国人に交付される身分証明書です。
業務内容によっては原本の提出を求められるため、事前に確認しておきましょう。

雇用契約書

労働条件について実習生の意思を確認するための書類で、不当な条件で雇われていないかを客観的に確認するためにも必要です。

保険契約書

ケガ・病気に対する治療費や死亡事故が起きたときの保険金などを補償してもらうために、外国人実習生が加入する保険の契約書です。

外国人実習生が現場で働くために必要な安全関係の書類の入手先

外国人実習生が現場で働くためには、一般的な労務安全関係書類も提出しなければなりません。
一般的な労務安全関係書類の基本的な入手先は、全国建設業協会の書籍案内ページです。
この方法は有料かつ郵送で届くため、コストと時間がかかる点に注意しましょう。
早急に書類を準備したい方におすすめなのは、インターネットから書類をダウンロードして印刷する方法です。
Googleなどの検索エンジンで「全建統一様式 ダウンロード」と検索すると、さまざまな企業のサイトでPDFやエクセルデータが無料で公開されています。
プリンターがなくて印刷できない方は全国建設業協会の書籍案内ページから郵送を依頼し、印刷ができる方はインターネット上で公開されている無料データをプリントアウトして利用するとよいでしょう。

まとめ

外国人実習生が現場で働くには、一般的な労務安全関係書類のほかに、外国人技能実習生建設現場入場届出書などの書類を用意しなければなりません。
在留資格などを確認するための添付書類を忘れないように、早いタイミングで実習生とコミュニケーションを取り、余裕を持って用意しておくことが大切です。
私たちレジスタ合同会社では、外国人向けの賃貸物件を多数取り扱っております。
お引っ越しを検討されている外国人の方がいましたら、当社までお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|工場仕事の現場が暑い!工場が暑くなる理由や対策をまとめて解説   記事一覧   ベトナムの特定技能外国人申請で推薦者表の提出が必要なケースと手続き方法|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る