レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 日本に住んでいる外国人の数

日本に住んでいる外国人の数

≪ 前へ|賃貸契約者、3割強がオンライン内見   記事一覧   賃貸物件のお役立ち豆知識(構造編)|次へ ≫
カテゴリ:ブログ
日本に住んでいる外国人の数

こんにちはみなさん!今日は「日本に住んでいる外国人の数」についてお話ししたいと思います。日本は多様な文化や魅力的な観光地があるため、外国人の数も年々増加しています。さて、それでは具体的にどこの国の人が多いのか、住む理由やそしてこれからどうなっていくのかを見ていきましょう。

◆現在、日本に住む外国人は約296万人(2022年の在留外国人数)となっています。

1.  どこの国の人が多いのか?
日本に住んでいる外国人の中の約8割がアジア出身で、その中で最も多い国が中国です。中国からの留学生や観光客が多く、日本と中国の交流が盛んです。また、労働者の派遣や日本企業の進出により、中国人労働者の数も増えています。

次に、ベトナムや韓国と続き、フィリピンやブラジルも外国人の多い国です。日本との文化的なつながりや経済的な関係が深く、日本での生活を選ぶことが多くなっています。


2.  住む理由

外国人が日本に多く住む理由は様々です。まずは経済的な理由です。日本は先進技術や高い教育水準を持ち、魅力的な就職機会が多い国です。そのため、キャリアや収入向上を目指すために、多くの外国人が日本に移住しています。
また、文化や観光地への興味も外国人が日本に住む理由の一つです。日本の伝統文化や食べ物、観光地は世界中で人気があります。多くの外国人が日本の魅力を知りたいと思っており、そのために住むことを選んでいます。

3.  これからどうなっていくのか?

これからも日本に住む外国人の数は増加し続けると予想されています。日本政府は外国人労働者の受け入れや留学生の増加を積極的に進めており、外国人の定住をサポートしています。

また、オリンピックやその他の国際イベントの開催により、日本の国際的な知名度が高まっています。これにより、ますます多くの外国人が日本に興味を持ち、移住する可能性があります。

さらに、国内の労働力不足も外国人の数を増やす一因となっています。日本の労働市場は多様化し、外国人労働者の需要が増えています。そのため、これからもさまざまな国からの外国人が日本での生活や仕事を選ぶことが増えていくことでしょう。

日本に住んでいる外国人の数は年々増加しており、それに伴い日本の社会も多様化しています。外国人との交流や国際的な環境がますます重要となる未来に向けて、私たちは寛容な心を持ち、国際的な共生を進めていくことが大切です。みなさんも、異文化に興味を持ち、交流を楽しんでみてはいかがでしょうか?

レジスタでは、外国人技能実習生や特定技能の方をはじめとした、外国人の方向けの住まい探しを応援しております。外国人技能実習生賃貸ナビでは外国人の方のお住まいが相談できる物件を常時掲載しております。みなさんからの住まい探しのご相談をお待ちしております。


≪ 前へ|賃貸契約者、3割強がオンライン内見   記事一覧   賃貸物件のお役立ち豆知識(構造編)|次へ ≫

 おすすめ物件


MAISON FLEUR

MAISON FLEURの画像

賃料
3.5万円
種別
アパート
住所
東京都国分寺市日吉町2丁目2-27
交通
国立駅
徒歩9分

グレイスハイム国分寺

グレイスハイム国分寺の画像

賃料
3.3万円
種別
アパート
住所
東京都国分寺市東恋ヶ窪3丁目34-11
交通
恋ヶ窪駅
徒歩11分

メッセ白糸台

メッセ白糸台の画像

賃料
9.75万円
種別
アパート
住所
東京都府中市白糸台1丁目
交通
多磨霊園駅
徒歩8分

サンシャインハイツ

サンシャインハイツの画像

賃料
8.1万円
種別
マンション
住所
東京都江東区亀戸9丁目5-20
交通
亀戸水神駅
徒歩11分

トップへ戻る