敷金礼金なし 賃貸物件のメリットデメリットの画像

敷金礼金なし 賃貸物件のメリットデメリット

ブログ

敷金礼金なし 賃貸物件のメリットデメリット

そもそも敷金礼金とは?

敷金礼金とは、賃貸物件を借りる際に支払う費用のことです。
敷金は、入居者が退去する際に修繕費や家賃の滞納分などを相殺するために、物件所有者が保持しておくお金です。一方、礼金は、家主に対する感謝の気持ちや契約の成立を祝うために支払われるお金のため、返金などはありません。


敷金礼金がない物件のメリット

敷金礼金がない物件は、入居時に多額の費用を一括で支払う必要がないため、初期費用の負担が軽減されます。敷金礼金を用意することが難しい人や、短期間での引越しを考えている人にとっては、大変魅力的なオプションです。

また、敷金がない分、入居者は退去時に敷金を返却されることを心配する必要がありません。通常の敷金返還は、入居者が物件を退去してから数ヶ月後になることもありますが、敷金がない場合は、その待ち時間もなく、スムーズに退去が可能です。

敷金がない物件のデメリット

敷金がない物件のデメリットとしては、退去時に何らかの費用を支払わなければならない場合がある点が挙げられます。一般的には、退去時に清掃費用や修繕費用が発生することがありますので、これらの費用は別途自己負担する必要があります。

敷金が無い場合、退去時の室内クリーニング代を契約時や退去時に決められた金額を支払うケースがほとんどです。その他に、退去時の原状回復費用として室内の使用状況によって、プラスで請求される可能性もあります。これは敷金を預けている場合でも同じですが、敷金がない分、原状回復費用がかさんだ場合、思わぬ出費が伴うケースも考えられます。敷金がある場合、まずはそこから相殺されますので、仮に敷金をオーバーしたとしても金額は抑えられます。敷金が無い場合には全額支払うことになりますので、新たに引越しに伴う費用と退去時の清算費用、両方を支払う可能性があります。可能であれば敷金は先にお支払いしておくのが、無難という考え方もできます。ただし家主側に敷金がある場合、家主側に有利な内容で精算を行われてしまうケースもありますので、注意と確認が必要となります。

まとめ
敷金礼金がない賃貸物件は、初期費用の軽減やスムーズな退去ができるというメリットがありますが、一方で退去時の費用やそれ以外に安い理由がある場合もありえますので注意が必要です。入居を検討する際は信頼のおける不動産会社へ相談することや事前に契約内容をしっかりチェックするようにしましょう。

レジスタでは、一都三県の敷金礼金なし物件なども多数取り扱っております。
ぜひ、お部屋探しのご相談お待ちしております。

”ブログ”おすすめ記事

  • 賃貸物件の騒音トラブルについて - 注意すべき点と対策方法の画像

    賃貸物件の騒音トラブルについて - 注意すべき点と対策方法

    ブログ

  • プロが教える引越し時期のタイミングとは?の画像

    プロが教える引越し時期のタイミングとは?

    ブログ

  • 賃貸物件の退去時敷金精算についての画像

    賃貸物件の退去時敷金精算について

    ブログ

  • 退去時に請求されるクリーニング費用の相場の画像

    退去時に請求されるクリーニング費用の相場

    ブログ

  • 企業様のオフィス移転もサポートしますの画像

    企業様のオフィス移転もサポートします

    ブログ

  • 外国人とのコミュニケーションで大切なことの画像

    外国人とのコミュニケーションで大切なこと

    ブログ

もっと見る