レジスタ合同会社 > レジスタ合同会社のスタッフブログ記事一覧 > 外国人技能実習生と特定技能の違いについて

外国人技能実習生と特定技能の違いについて

≪ 前へ|賃貸物件の家賃滞納について   記事一覧   不動産オーナー様へのお願い|次へ ≫
カテゴリ:ブログ
外国人技能実習生と特定技能の違いについて

本日は、外国人技能実習生と特定技能の違いについて理解を深めてみたいと思います。
日本における外国人労働者制度は、技能実習生と特定技能の2つの柱で支えられています。それぞれの制度には異なる要件や目的があり外国人の就労をサポートしています。それぞれの制度の特徴や違いについて一部解説いたします。

外国人技能実習生とは?
外国人技能実習生制度は、日本企業での短期間の実務研修を目的とした制度です。外国人労働者が日本企業で技術や技能を習得し、帰国後に母国での産業発展や雇用創出に貢献することを目的としています。通常、1年から3年間の期間で、実務研修を行います。

1.  目的
外国人技能実習生制度の目的は、実務研修を通じて技術や技能を身につけ、母国への帰国後に活かすことです。一方、特定技能制度は、日本国内での技能習得を目的とし、最大で10年間の在留が可能です。
言うなれば、特定技能は日本の人手不足を補うための制度であり、技能実習は、日本で習得した技術を母国に持ち帰って広めてもらうという、国際貢献のための制度となります。

2.  在留資格
外国人技能実習生は、「技能実習生」として在留資格が与えられます。
一方、特定技能は、特定の職種における技能を持つ外国人に対して、「特定技能」の在留資格が与えられます。
技能実習から特定技能への移行も可能です。
ただし、外国人技能実習生が特定技能に移行する際には、いくつかの条件があります。

1.  技能実習期間中に実績が求められる
技能実習生は、研修機関や企業で実績を積み重ねることが重要です。特定技能に移行する際には、その実績が評価されます。

2.  日本語能力試験の合格が必要
特定技能に移行するには、日本語能力試験(JLPT)N4以上の合格が必要です。日本での生活や仕事に必要なコミュニケーション能力が求められます。

3.  就労経験やスキルの評価
特定技能への移行にあたり、実務研修で習得した技術やスキルが適切に評価されます。技能実習生としての経験が、特定技能獲得のポイントとなります。

その他、違いは多くありますが、外国人を企業で受け入れるという点では同じです。
混同されやすいですが、受け入れの目的や内容が大きく違いますので、受け入れの際などには注意しなければなりません。

レジスタでは、外国人技能実習生賃貸ナビを通じて、外国人技能実習生や特定技能の方のお部屋探しをサポートしております。住まい探しのご相談は、ぜひレジスタへご相談お待ちしております。
≪ 前へ|賃貸物件の家賃滞納について   記事一覧   不動産オーナー様へのお願い|次へ ≫

 おすすめ物件


MAISON FLEUR

MAISON FLEURの画像

賃料
3.5万円
種別
アパート
住所
東京都国分寺市日吉町2丁目2-27
交通
国立駅
徒歩9分

グレイスハイム国分寺

グレイスハイム国分寺の画像

賃料
3.3万円
種別
アパート
住所
東京都国分寺市東恋ヶ窪3丁目34-11
交通
恋ヶ窪駅
徒歩11分

宮崎台レジデンス

宮崎台レジデンスの画像

賃料
10.3万円
種別
マンション
住所
神奈川県川崎市宮前区宮崎3丁目12-6
交通
宮崎台駅
徒歩5分

ハイシティ洗足

ハイシティ洗足の画像

賃料
5.7万円
種別
マンション
住所
東京都目黒区原町1丁目19-16
交通
西小山駅
徒歩5分

トップへ戻る