外国人技能実習生の受け入れ企業 条件の画像

外国人技能実習生の受け入れ企業 条件

外国人技能実習制度について

昨今、人手不足で外国人技能実習生の受け入れを検討される企業様も年々増加傾向にあります。それでは、具体的に受け入れをする場合には、最低でもどのような条件が必要なのでしょうか?


外国人技能実習生を受け入れる企業は、特定の条件を満たす必要があります。以下に、技能実習生を受け入れるための要件をおおまかに解説します。

  1. 技能実習の対象となる職種であること(前提条件)

    • 企業が技能実習生を受け入れるためには、自社の仕事が技能実習の対象となる業種・職種である必要があります。
    • 原則としてどの職種でも技能実習の対象となりますが、2年以上技能実習を行うには、技能実習2号の移行対象職種に該当しなければなりません。技能実習2号と3号はそれぞれ対象となる職種に当てはまり、最長5年の技能実習生の受け入れが可能です。
  2. 受け入れ企業の条件

    • 技能実習責任者・生活指導員の配置: 技能実習生を受け入れるためには、技能実習責任者・技能実習指導員・生活指導員を配置する必要があります。
    • 技能実習日誌の作成: 技能実習生が日々の業務内容や指導内容を記録する「技能実習日誌」を作成し、監理団体職員がチェックできるように保管する必要があります。
    • 雇用条件、社会保険・労働保険: 技能実習生は労働者として働くため、社会保険や労働保険に加入させる必要があります。
    • 生活を送る宿舎の用意: 技能実習生のために適切な宿舎を用意する必要があります。部屋の広さや設備環境に基本的な条件があります。
    • 給与は最低賃金以上: 技能実習生の給与は最低賃金以上であることが条件です。

”外国人技能実習制度について”おすすめ記事

  • 不動産オーナー様へのお願いの画像

    不動産オーナー様へのお願い

    外国人技能実習制度について

  • リピートのご相談増えてます!の画像

    リピートのご相談増えてます!

    外国人技能実習制度について

  • 2024年引越シーズンの画像

    2024年引越シーズン

    外国人技能実習制度について

  • 育成技能?今後の対応についての画像

    育成技能?今後の対応について

    外国人技能実習制度について

  • 外国人技能実習生のお部屋探しの画像

    外国人技能実習生のお部屋探し

    外国人技能実習制度について

  • 関西からのお問い合わせの画像

    関西からのお問い合わせ

    外国人技能実習制度について

もっと見る